マーベロン 通販

マーベロンで行う更年期治療

更年期治療にはHRTという治療があります。
HRTは、体内で作られなくなったエスロトロゲンの補充を行う薬物治療ですが、 エストロゲンとプロゲステロンの両方を補う場合は、低用量ピル(OC)を服用します。
ただしピルを使用する治療は生理がある年齢までです。
50歳前後になり、閉経が近づいてきたら、HRT治療でのエストロゲンの補充にシフトしていきます。

 

注意したいのは、マーベロンを避妊目的として40代になっても飲み続けている方がピルの服用をやめた途端、強い更年期障害の症状が出る場合があります。
これは、実際には女性ホルモンの分泌が減っていたのに、ピルによって女性ホルモンの量が一定に保たれていたのをピルの服用をやめたのが原因で体が急激な女性ホルモンの減少に驚いたのが原因です。

 

このようにマーベロンには配合されている女性ホルモンのおかげで、分泌が減少している女性ホルモンの変動をなだらかにする効能があります。

 

また、更年期治療のために初めてマーベロンを飲み始めた方は、軽い吐き気や頭痛などの副作用が起こる場合があります。
ただ、これらの症状もホルモンの量に体が慣れてきたら症状が改善する傾向があります。

 

 

副作用は個人差がありますので、医師と相談しながら、服用する必要があります。

 

 

マーベロンに含まれる卵胞ホルモンの働き

卵胞ホルモンはエストロゲンとも呼ばれ、卵巣から分泌されます。
女性が女性らしさを保つためのホルモンと言われており、この卵胞ホルモンが思春期に分泌されることにより、皮下脂肪が増え女性らしい体つきを作ってくれます。
肌のツヤを出したり、代謝を促す効果、また胸を大きくし乳房として発達させたり、子宮の発達を促進させる働きをしてくれます。
女性が妊娠するためには欠かせないとても大事なホルモンです。
この卵胞ホルモンが多く分泌されることにより、生理が定期的に訪れ、卵子が育ち妊娠できるようになるわけです。

 

マーベロンに含まれる黄体ホルモンの働き

黄体ホルモン(ロゲステロン)の働きとしては、卵胞ホルモンによって子宮内膜が厚くなり、その後排卵された受精卵を受け止めて子宮に着床させる働きをします。
いわゆる妊娠を司る機能をもち、そして妊娠すると三ヶ月間は受精卵を守るため作用し続けます。
妊娠しない場合は分泌が停止され、約2週間後、内膜が月経血となって体外に排出されます。
これが生理になります。
実は女性ホルモンは男性の身体でも生成されています。
逆に女性も男性ホルモンを生成しており、女性ホルモンと男性ホルモンの分泌のバランスが大切なのです。

 

婦人科でするホルモンバランスの検査とは?
 

女性はホルモン量の検査を受けると健康状態の確認ができるというくらい、女性の体に女性ホルモンは関わっています。

 

ですから、女性ホルモンが大きく関わる生理不順や月経の周期の乱れや生理痛が気になる女性は、ホルモンバランスの検査を受けてみてもいいかもしれません。

 

女性ホルモンの検査の流れは問診や内診、超音波検査(エコー)を行い体の状態を確認していきます。
更に検査が必要な場合、あるいは具体的な検査を希望する場合は、血液検査や尿検査がいいでしょう。
血液検査ではホルモンの状態やがん細胞があるか等が確認できます。
尿検査ではタンパク質やホルモンの分泌状態、白血球や細菌のデータを取ります。

 

 

 

マーベロン服用で睡眠障害が解決 

女性ホルモンのバランスが崩れが原因でおこる不眠があることをご存じですか?
更年期世代になると突然、目が覚めたり、寝つきが悪かったりもします。

 

逆に、自分でコントロールできないくらい眠気に襲われ運転するのが怖いと感じる人もいます。
これもすべて女性ホルモンのバランスが崩れたのが原因です。

 

例えば妊娠後、猛烈な眠気に襲われるという話や体験はないでしょうか?

 

これも女性ホルモンのアンバランスが原因で起こります。

 

それは、女性ホルモンのバランスが崩れたると自律神経も乱れます。
もし、不眠の症状と同時にダルい、イライラするストレスを感じる、食欲不振など、さまざまなトラブルを感じるのであれば、不眠の原因は女性ホルモンのアンバランスからきているかもしれません。

 

このような症状が出る方で、不眠の症状が出ている方は睡眠導入剤の量を多くしたり強くしたりして睡眠を確保するより、 低用量ピルを服用するだけ睡眠障害をコントロールすることができまる上に、依存性がないマーベロンの方が睡眠導入剤より安心して服用できます。